小田急小田原線・京王井の頭線 「下北沢」東口より徒歩6分

   小田急小田原線     「東北沢」西口より徒歩4分

 各曜日20:00まで予約できます。土・日・祝日も営業!

まずはお気軽にご相談ください【完全予約制】

03-6416-8865
施術対応時間
【完全予約制】
①平日/土/日/祝 10:00~20:00(休憩1h) 
②水曜のみ    10:00~17:00
 ※当日18:00以降はお早目にお電話でご予約ください
 ※時間外応相談
休業日
不定休 <休業日カレンダー> 随時更新 ⇒⇒⇒

症例(10)その他

こちらではほかの症状の分類に該当しないものに対する事例をご紹介します。スポーツ競技者や武道の指導者など日常的に体を酷使している方の急性痛と、何十年も前からの側弯症を抱えている高齢の方の慢性痛への対応例で、肋骨部(胸郭)、脇腹の筋肉、背中などへのさまざまな事例をご紹介します。

なお、記載内容はあくまで個別ケースのご紹介となりますので、同様な効果をお約束するものではありませんので、ご参考になさってください。

その他の部位への対応事例

30代女性 脇腹から背中の痛み

スポーツ競技をしているアスリートの方で、急に背中の右側に痛みが発生、事情があり明日までに改善したいとご来店。

症状確認では、腰と右肩に可動制限、特に右脇腹部に筋肉の緊張が見られる。骨格チェックでは大きな調整は必要なし。

まず、最も自覚症状の強い右肩甲骨内側に筋弛緩法を施術。痛みの変化が自覚できたようなので、症状の要因の可能性と施術方針を説明。その後、腰、胸部、右肩甲骨内側・外側に筋弛緩法を施術、肩甲胸郭関節部の可動域拡大の調整をして終了。

30代男性 脇腹の痛み(肋骨骨折後遺症)

肋骨骨折したあと長引く脇腹の痛みがありご来店。骨折箇所は治癒との診断を受けているが、残った痛みに関して病院では何も対処してくれず薬の処方のみ。

状態確認では、肩からの関連痛ではなく、肋間の痛みと確認。他の部位の可動テストを行い、施術方針を決定。

骨格チェックでは、骨折部位の前後の肋骨の動きが悪いが、背面の筋緊張の強さが気になる。受傷時に衝撃を受けた方向から痛みの要因の可能性をご説明し、施術方針を決定。

まず肩甲骨内側に筋弛緩法を施術。痛みに変化があるのを確認して腰にも施術。肋骨骨折部付近の動きの悪い部位に筋弛緩法、肩甲胸郭関節と肋骨間の可動域調整して終了。

60代女性 側彎症と腰痛・股関節痛

3年前から腰痛で整形外科に通院していたが、改善せず悩んでいた。定期的に運動もしており、アクティブに動けるが慢性的な痛みが改善しないとご来店。

状態確認では、自覚症状は腰痛だったが側彎が強く、背部から腰、臀部にかけて非常に強い筋緊張がある。疲労が抜けない感じもある。骨格チェックでは側彎のほか、骨盤、股関節、膝に調整を必要とする箇所を確認。今回の腰痛の要因として考えられる可能性をお伝えして施術方針をご相談のうえ決定。

まず筋弛緩法を腰に施術。体幹の動きに変化が出るので、さらに腰を継続、股関節の可動域調整、下腿にも筋弛緩法施術。最後に膝の可動域調整を行って終了。

上記の症例を見て、「もしかしたら自分も」と可能性を感じられたら、お気軽にお問い合わせください。

当店ではボキボキしたり、揉んでほぐそうとする施術、リラクゼーション行いません。あなたの今の体に必要な適度な刺激を、体の担を考慮してその日に受け入れられる分だけ施術するよう調整しています。

それでは、ご連絡をお待ちしております。

お電話でのご予約・お問合せはこちら

携帯の方はこちらをタップ
03-6416-8865

その他メニューのご紹介

施術の特徴

当店の施術の特徴についてご説明しております。

施術の流れ

施術の流れについてご説明しております。

料金表

施術料金についてご説明しております。

ご予約・お問合せ

お電話はお気軽にどうぞ
03-6416-8865

メールフォームでのご予約・お問合せは24時間受付けております。

院長ご挨拶

院長 静谷隆浩

皆様のお悩みにしっかり向き合い、健やかな生活を送れるよう誠心誠意サポートさせていただきます。お気軽にご相談ください。

店舗情報

03-6416-8865
住所

〒155-0031
東京都世田谷区北沢3-23-21
クラウンズコート成和1階

小田急小田原線
京王井の頭線 「下北沢」
 東口より徒歩6分

小田急小田原線「東北沢」
 西口より徒歩4分

施術対応時間

【完全予約制】
①平日/土/日/祝
(
水曜を除く。休憩1h)
10:00~20:00 
②水曜のみ10:00~17:00
※当日18:00~20:00は3時間前までにお電話でご予約可能

休業日

不定休。休業日カレンダー参照※研修、セミナー参加などのため臨時にお休みとなることがあります。